sábado, 2 de abril de 2016

LYMPHOEDÈME / LYMPHÖDEM / LINFEDEMA

Read this article in Japanese further down the page.

LYMPHOEDÈME / ANNIVERSAIRE DE COMMEMORATION UN FAIT EXTRAORDINAIRE / LA MÉDECINE MODERNE NE PEUT PAS TROUVER UNE EXPLICATION SCIENTIFIQUE ET LE VATICAN DIT QUOI UN MIRACLE

LYMPHÖDEM /JAHRESTAG ZUM GEDENKEN EINES AUßERORDENTLICHEN FACT / DIE MODERNE MEDIZIN KANN KEINE WISSENSCHAFTLICHE ERKLÄRUNG FINDEN UND VATIKAN SAGT WAS FÜR EIN WUNDER

LINFEDEMA /ANNIVERSARIO DI COMMEMORAZIONE UN FATTO STRAORDINARIO / LA MEDICINA MODERNA NON RIESCE A TROVARE UNA SPIEGAZIONE SCIENTIFICA E IL VATICANO DICE CHE MIRACOLO


LINFEDEMA / ANIVERSÁRIO DE COMEMORAÇÃO UM FATO EXTRAORDINÁRIO / A MEDICINA MODERNA NÃO CONSEGUE ENCONTRAR UMA EXPLICAÇÃO CIENTÍFICA E VATICANO DIZ QUE UM MILAGRE

TRANSLATE



Although science forecasts for the near future, great breakthroughs toward resolving lymphatic diseases, to this day no definitive treatment is known. Surprising is therefore, the following facts that once drew worldwide attention.

The event occurred on the 30th April  2000, when by mediation of Pope John Paul II, the Vatican canonized Blessed Faustina, recognizing in this way too, the supernatural cure of a lymphedema. The case of the North American lady Maureen Digan, born with Primary lymphedema (Milroy Disease), was accepted after the recognition of 5 independent medical specialists, and several years of intense ecclesiastical research, as something inexplicable to science, and miraculous for the church.

For more information:

THE VATICAN


DOCUMENTARY
To understand why and how these events took place, and to see and hear Moureen Deagen tell her own story, watch this fascinating documentary about this extraordinary happening: https://www.youtube.com/watch?v=C6KsgjvM90M

In the news:

WASHINGTON POST


INTERESTING ARTICLES




BEWARE WITH NEW TERMINOLOGY DISCRIBING LYMPHEDEMA TREATMENT



WHICH MEDICAL SPECIALISTS SHOULD DIAGNOSE AND ARE RELATED TO LYMPHEDEMA


FAST TRACK SOCIAL SECURITY DISABILITY RECOGNITION FOR CHILDREN WITH LYMPHEDEMA



INTERMITTENT PNEUMATIC CPMPRESSION (IPC) PUMP DEVICES
SERIOUS SIDE EFFECTS POR LYMPHEDEMA 


BEST PRACTICE PROTOCOL GUIDE FOR LYMPHOEDEMA (in Galician)




THE VATICAN AND CANONIZATION DUE TO THE MIRACULOUS CURE OF A PRIMARY LYMPHEDEMA




WHY A BUTTERFLY IS THE SYMBOL FOR LYMPHEDEMA



LYMPHEDEMA - INTERNATIONAL DISEASE CODING AND CLASSIFICATION




WHAT DOES INTERMITTENT PNEUMATIC COMPRESSION PUMP THERAPY (IPC) DO AND NOT DO FOR LYMPHEDEMA. ( see Page 8 for the important Conclusions)



WHAT IS PHLEBOLYMPHEDEMA




LYMPHEDEMA INCIDENCE AND PREVALENCE










NEW CAMPAIGN FOR 2018
 


For global awareness it is being asked that the 
WHO - WORLD HEALTH ORGANIZATION
name: 
"LYMPHEDEMA - AWARENESS & CURES"
as its World Health Day campaign - 2018

  

  KATHY BATES
LYMPHEDEMA EMBASSADOR


SIGN THE PETITION HERE





リンパ浮腫について、現代医学も説明できない

「治癒」を記念して、バチカンは「奇跡」と宣言



リンパ関連の病理学において、科学の発展により、近い将来、大きな進歩が見られるであろうことは予想できますが、しかし、今のところ、効果的な治療法は見つかっていないのが現状です。そこで、現代医学の世界とは離れて、以下の現実にあった例を紹介しますが、これは世界的に非常に注目を集めた「出来事」でした。


20004月、当時のローマ教皇ヨハネパウロ2世の了解のもとに、バチカンは、リンパ浮腫の超自然的な治癒を行ったことで知られていたポーランド出身の修道女ベアタ・ソル・ファウスティーナを、聖人に列することを決めました。このファウスティーナという修道女は、生前、非常に敬虔な信仰心を持ち、時折、キリストと会話をしたことでも知らせていますが、「奇跡的な出来事」として知られているのは、その死後に起きました。アメリカ合衆国のモーリーン・ディガンという女性が、原発性のリンパ浮腫に侵されていましたが、この修道女の墓の前で祈ることによってそれが治癒した、というものでした。この奇跡的な治癒は、その後、バチカンにおいて、何年もの間あらゆる調査が行われ、また5人のそれぞれ独立した専門医によっても認められました。説明のできないこの治癒は、科学分野とカトリック・キリスト教世界において、まさに奇跡として語られています。

さらなる情報はこちら:



バチカンの公式ウェブサイト:

グラスゴー大学の公式ウェブサイト(英語):
http://www.gla.ac.uk/services/catholicchaplaincy/divinemercy/miracles/themiracleofmaureendignan/


ドキュメンタリー: モーリーン・ディガンのストーリー(英語)



ドキュメンタリー: 「オーシャンオブマーシー(神の慈悲の海)」(英語)

新聞記事:

ワシントンポスト紙(英語):


関連事項




リンパ浮腫に対する治療に関する新しい専門用語についての注意




医学においてどの分野がリンパ浮腫を診断、あるいは、どの分野がリンパ浮腫と関連すべきか




スペインにおける子供のリンパ浮腫にまつわる障害度の認識を、迅速に行うための手続き




スペイン、ガリシア州ポンテベドラ県議会作成のリンパ浮腫に関するガイド





国際的な病理学の分類における、リンパ浮腫という病気の定義




静脈瘤リンパ浮腫とはどういうものか




なぜ「蝶」の絵がリンパ浮腫治療のシンボルなのか




圧力をかけるマッサージで気をつけること




スペインにおけるリンパ浮腫の患者あるいは可能性のある人用のブレスレットおよびペンダント




自動車および列車での旅行についてのアドバイス




飛行機での旅行についてのアドバイス



リンパ浮腫の患者であることの医療従事者への知らせ




リンパ浮腫の患者に対する心理的サポート




リンパ浮腫の発症

および有病率に関する情報








世界人口における


リンパ浮腫の発症および有病率





原発性リンパ浮腫

発症と有病率






ヨーロッパ

リンパ浮腫の発症と有病率







イギリス

リンパ浮腫の発症と有病率







スペイン

リンパ浮腫の発症と有病率








2018年度キャンペーン



リンパ浮腫に対する国際的な認識を求めて
世界保健機関に対して
2018年世界保健デー」に

「リンパ浮腫に対する認識と治療」を加えて欲しい



キャシーベイツ
オスカー賞受賞のアメリカの女優 - リンパ浮腫予防撲滅の大使



このキャンペーンに同意する場合は こちらをクリック








     Traducción / Translation







Print this post